IMG_3543

シェアパートナーズ』には各部門のプロフェッショナルが集まっていると昨日のブログでお伝え致しましたが、インテリア・家具の専門家のメンバーもおり、上記画像は少し狭い部屋を有効に使えないかという悩みから現在開発中のシェアハウス用オリジナルベッドです。

今まで市販のパイプ型ロフトベッドや格安の木製ロフトベッドを使用した事はあったのですが、やはり揺れがひどく揺れた際の音がかなり気になりました。今回はそこを改善し、上にのぼってもほとんど揺れる事は無く、ベッド部分でも快適に動く事ができるようになっております。

そして、狭いお部屋で活用できるように、一階部分はハンガーがたくさんかける事ができるハンガーパイプと、隠れ家的に勉強をしたり簡単な食事をとったりができる机が収納されております。もちろん、机は取り外しが可能ですので、机をベッド下以外の部分で使ってベッドの下にはソファを入れたり、クリアケース等を置いて収納として使ったり使い方は様々です。

そしてなにより、普通のパイプロフトベッドのイメージというと、寮等で使われる事が多く質素という感じがどうしてもありますが、今回開発中のベッドは狭い部屋をできるだけおしゃれで、”自分だけの隠れが”というイメージにしてくれるアイテムになって欲しいと考えております。
現在は試作の段階ですが、次回8月にオープン予定の物件に試験的に導入を考えております。