shared_img_thumb_PAK15_sesujiwonobasutsuyopon_TP_V_1

シェアハウスの初期費用や光熱費は普通の家より安い

引越しを行う際には、一般的には初期費用として大金が必要となります。
通常の物件の場合には、敷金・礼金をはじめ仲介手数料、前家賃、火災保険、
保証会社料金などが掛かります。

仮に、家賃5万円の物件をえらんだとしても、
引越し代を別として20万円前後の初期費用を見込まなければなりません。
さらに月々の維持費としても、水道代や電気代、ガス代、ネット代など
といった光熱費を個別で支払わなければなりません。

では、シェアハウスの場合はどうでしょうか。
シェアハウスの入居に必要とする初期費用は、初月の日割り家賃、光熱費
それに加えてデポジット、火災保険や保証料も場合によって掛かる事もありますが
一般賃貸の半分以下になる事が多いようです。

光熱費は家賃と合算され、しかも定額となることが普通です。
そのため、シェアハウスの初期費用としてかかる金額は、
家賃4万円の物件の場合には、一般賃貸物件の
およそ半額の10万円程度で収まり非常にお得です。

家具・家電の購入不要で更に初期費用を抑える事ができる

そして引越しの初期費用として忘れてはならないのが、家具や家電の購入費用です。
ベッドにタンス、本棚、ソファーといった家具や、冷蔵庫や洗濯機、
テレビなどの家電はいずれも大物であり、全てを揃えていくと
あっという間に数十万円という単位の金額になってしまいます。

その点シェアハウスの場合には、それらの家具家電が備え付けとなっていることが基本であり、
シェアハウスを選ぶことによって、家具・家電購入の初期費用がかからないと言えます。

更に、自宅からの家具・家電の運搬も必要なくなるので、
引越し業者に依頼することなく引越すことができ、
その点においても初期費用を大幅に抑えることが可能です。

引っ越し代金の相場は単身プランでも7~8万円前後になるため、
大きな節約に繋がります。
特に家電を買い替える場合には、光熱費を抑えるために高価な最新家電を選ぶ方も多いで、
シェアハウスであれば光熱費が均等になるため、
仮に家電製品を買い足すとしても深く考えずに予算内で買い物ができます。

シェアハウスの中でも初期費用が安い物件を選ぶためには

シェアハウスの中でも更に初期費用が安い物件を選ぶためには、
まず立地選びが重要となります。
一般的な物件と比べれば相場が安くなるとはいえ、
一等地に建つシェアハウスは人気も高まり家賃が高騰するため、
初期費用や光熱費が高額に設定されています。

多少不便に感じるかもしれませんが、郊外のシェアハウスを選択することによって
初期費用や光熱費の安い物件を探しやすくなります。
通勤や通学から30分前後掛かってしまう事もありますが、
繁華街から離れた方面の地域でシェアハウスを探してみると
割安な物件を見つけやすいでしょう。

また、家賃が安すぎるシェアハウスにも注意が必要です。
極端に安いシェアハウスの中には無理やり改装を施して作り上げたシェアハウスや、
設備や部屋に違法性のあるシェアハウスも存在しています。
引越しのしやすさもシェアハウスの魅力の一つではありますが、
物件探しや契約にはエネルギーと時間が必要となりますから、
なるべく長く居住できるシェアハウスを探す努力を惜しまないようにしましょう。

家具家電付アパートも増えています。

シェアハウスとの比較をされる方も多く、最近人気を集めているのが家具家電付きアパート。
家具家電付きのアパートもリーズナブルに、そして、
極端な話、その日から暮らす事が出来ます。
家具家電付きアパートの代表的な会社さんにレ○パ○スさんがありますが、
こちらの物件に住まれる方も転勤を多くされる単身の方が増えており、
都会的でお洒落な人というような印象を与えます。

シェアハウスと家具・家電付きアパートの比較

シェアハウスの最大のメリットは、家電付きアパートと比べても、
敷金礼金が少く、更に家賃が安いことが上げられます。

そして、元々は基本的にはリーズナブルに1人暮らしがしたい方が多いのですが、
「実際に住んでみたらいい人間関係が築けて良かった」というのは、
後から感じる方も多いようです。

シェアハウスでは共用空間を住民同士がシェアしますからそこにコミュニティーが構築されます。
地方から出てきて、都会に知り合いがいない人には家族ような存在になってしまうことが多いです。
こういうことは家具・家電付きアパ-トの場合、発生しにくいものです。

シェアハウスと家具・家電付きアパートの比較パート2

1人暮らしをするには安い、便利、人間関係良好ということで
夢の玉手箱のように見えるシェアハウスではありますが、
デメリットが無いわけではありません。

まず新しくシェアするということで入居してくる人の中に、
どうしても性格的に合わない人がいる場合があります。
運次第みたいな所もありますが、これは結構重要な要素の1つです。
逆に1人暮らしだけのアパ-トではさすがにそれはありません。
ただ隣人が合わない人ということはありうりますが…。

また安さに魅かれてシェアハウスにはいったものの、
週末のイベント毎を強要されたりするのが苦痛になり、
人間関係が上手く構築できない住民もいます。

その点、一般のアパ-トでの1人暮らしは、
コミュニケ―ションを強要されるようなことはないので、
シェアハウスから一人暮らしをする為、アパ-トに転出する人も少なくありません。
このあたりのシェアハウスへの適性は、入るまで判らないので短い間だけでも、
試しに住んでみるというのもいいかもしれません。