外国人とのシェアハウスは英語が共通語

進学や就職で親元を離れることになった時、一人暮らしをするのではなく、
シェアハウスで暮らす若者が増えています。
少し前なら友人同士でアパートを借りて住むというシェアの仕方でしたが、
最近ではシェアハウス業者が住人を募集していて、
希望者はその家の一部屋を借りるというシステムになっています。

つまり、自分で仲間を見つけなくてもシェアハウスで暮らせるわけです。
特に注目されているのが、外国人も一緒に暮らすシェアハウスです。
日本で暮らす外国人もまた年々増え続けています。

日本人にとっても外国人にとってもシェアハウスは経済的なメリットが多く、
また、共同生活を送ることで異文化に触れることもできます。
いろいろな国の人たちがいるので、共通言語は基本的には英語になります。

多国籍のシェアハウスで暮らす日本人にとっては、
日常的に英語を話せるチャンスがあるのも外国人と一緒のシェアハウスの魅力です。
英語の勉強のために、シェアハウスで暮らすことを選ぶ人も増えています。

シェアハウスで外国人と英語でコミュニケーション

シェアハウスは、原則一人一人が個室を借り、キッチンやリビング、
バスルームなどは共同で使うというようになっています。
プライベートを守りつつも、キッチンやリビングルームでの交流もあるので、
一人暮らしでも寂しくないというメリットもあります。

外国人と一緒に暮らすハウスだと自分の部屋から出ると、
いきなりインターナショナルな世界が広がり共通語は英語。
慣れないうちは外国人とのコミュニケーションがうまくとれずに
ドキドキすることもありますが、英語の実践にはとても役に立ちます。

シェアハウスで暮らす外国人に中には、
どこに位置するのかよく知らなかった国からやってきた人もいます。
親しくなるにつれてその人の国のことを知ったり、
あるいは日本のことを聞かれて、あらためて自分の国の文化や
歴史を勉強したりするのも楽しい体験となります。

英語の学習効果だけではなく、外国人も一緒のシェアハウスで暮らすことで
日本を見つめ直すきっかけになったという人も多いようです。

外国人とのシェアハウスでは英語以上に得るものが多い

シェアハウスで暮らすうちに、自分が英語を勉強するだけではなく、
共同生活者の外国人に日本語を教えることになったという人もいます。
ハウスの外国人の日本語が上達して、英語を話す必要がなくなる、
ということもあるかもしれませんが、シェアハウスでは不定期でメンバーが入れ替わるのも特徴です。

様々な国の様々な人と交流することで、日本にいながら世界に触れることができます。
英語と同時に、協調性も身に付き、他人に対する気配りができるようになるので、
人間的にも成長します。

また、若い時に共同生活を送ることで、生涯にわたって友人関係が
続くことも少なくありません。
日本を離れ母国に戻ったシェアハウス時代の外国人の友人を訪れたり、
数年後にハネムーンで日本を訪れた友人と再会したりという人もいるようです。
シェアハウスを離れた後も、英語の勉強を続けているという人は多く、
若い時の経験が様々な面で財産となっていくようです。

海外ではシェアハウスは当然、では日本は??

島国である日本とは違って、海外ではとりわけ欧米では陸続きであることで
様々な国の人が生活していることもあり、シェアハウスが当たり前です。
海外では大学生や社会人など幅広くシェアハウスを利用しています。
では、日本でシェアハウスというと、現在はまだ特別感がある生活スタイルとなっております。

海外ではシェアハウスはいたって当たり前のライフスタイルであり、
選択肢であり、実際にシェアハウスを活用して生活している人がたくさんいるのです。
シェアハウスに対する考え方も国によって違うのですね。

日本に来た海外の人はシェアハウスを探す

先に述べたように、海外の人はシェアハウスを当たり前の選択肢と考えていますので、
日本に来た海外の人は、日本でもシェアハウスを探します。
しかし、日本では島国意識なのか、個人意識やプライバシーやプライベートを
尊重する意識が高く、シェアハウスの絶対数自体が、まだまだ圧倒的に少ないです。

というのも、海外の人への抵抗が物件を貸す大家さんには多いということも事実で、
言葉が通じないことや文化の違いから、騒いだりして地域に迷惑をかけるなどを危惧して、
できれば日本人に貸したい大家さんが多いのです。
そのため、日本ではシェアハウスはまだ少ないのです。

ただ、日本自体今後も日本人の人口は減って外国人が増える事が予想されているので、
少しずつではありますが外国人に対応しようとしている大家さんが多くなっています。

日本で外国人とシェアハウスするには

グローバル意識の高まりや英語をはじめとした言語の習得を目的として、
いま日本でもシェアハウスをしたいという日本人が増えています。な
かには、外国人と一緒に暮らすことを狙いとして、海外の人、日本人、
どちらも受け入れるシェアハウスの物件が出てきています。

なかに入ると、日本ではなくどこか海外に来たような異空間を感じて、
共有スペースに居ると、ろんな海外から来た人でにぎわっています。
シェアハウスの共有スペースでは、日本人、海外問わず、様々な人が、
自国の料理を披露したり、文化を体験したりしていて、
こうした交流もシェアハウスに暮らす魅力かもしれません。

名古屋市内の外国人が住むシェアハウス

SHARE HOUSE180°さん
コンセプトに英会話のできる物件も存在し、アメリカ、イギリス、フランス、インド、ブラジル、タイなど、世界各国の方々が住んでいるそうです。

SHNさん
会社のコンセプトが「外国人と日本人が一緒に生活するシェアハウス」という事だけ合って、外国人と交流したい、海外生活気分を味わいたい、外国人とコミュニケーションが取れるようになりたい!という方を積極的に募集しているハウスさんです。

エムアンドエムハウス
現在ご覧の当サイト『エムアンドエムハウス』も運営スタッフが元商社マンで、
英語、中国のサポートで外国人の受け入れを積極的にしております。
アジア圏の方にも積極的にご利用できる様に、格安の物件を多数揃えております。