601

日本で人気急上昇のリノベーションされたシェアハウス

リノベーションされたシェアハウスが急増中
最近、少子高齢化のせいで不動産入居率が低下し、不動産が遊眠資産化しています。
そういった状況を打開する方法として、不動産をリノベーションしてシェアハウス化するオーナーが増加中です。
大手不動産業者による調査では、ここ8年でリノベーションなどを行ったりした上でシェアハウスは26倍にも増えているとか。
特にこのようなリノベーションされたシェアハウスは東京で大人気です。
シェアハウスは数人の入居者がそれぞれ個室を持って、リビングやトイレ、キッチン、バスなどを共有しながら暮らす共同住宅を言います。
シャアハウスと同義語としてゲストハウスというものもありますが、これは旅行者が対象の短期滞在用の住居を言います。
リノベーションされたシェアハウスは今後ますます増えることでしょう。

リノベーションされたシェアハウスが人気

日本においてこのようなリノベーションされたシェアハウスが有名になったのは最近のことですが、アメリカのドラマにはリノベーションされたシェアハウスなどがよく出てきますように、欧米では以前から一般的な居住形態として有名です。
海外では若い人が家族から自立する際に、日本のようなワンルームマンションを借りるのでなく、同年代の数名で同居するマンションや一戸建てをリノベーションして借りることが多いようです。
兄妹や友達同士て住むといったルームシェアに対して、外部の事業者によって管理されているものをシェアハウスと呼びます。
欧米ではリノベーションされたシェアハウスはとても一般的だということですね。

個性的なリノベーションされたシェアハウス

なお、リノベーションされたシェアハウスの具体的な事業方法は、60~100平方メートル以上の物件のオーナーから安く借り、一つの物件に10人以上住めるようリノベーションして貸し出すというものです。
業者は物件確保からリノベーション工事、入居者の募集、管理、運営などといったものを全て担当します。
この時、自社物件だとリスクが大きくなるので、オーナーからサブリースした物件をシェアハウスにするのが一般的です。
シェアハウス物件を安く借りるために、古い物件の方が都合がいいので、築40年以上の物件でも何ら問題ありません。
どういったリノベーションをするのかというアイデアこそが勝負と言ったところでしょうか。
個性的なシェアハウスに人気が集中しています。