この数年でシェアハウスを利用する人が増えてきています。
全国的にそのような傾向にありますが、東京、名古屋、大の三大都市圏では、その傾向は顕著なものでしょう。

シェアハウスは何故、人気なのでしょう。

シェアハウスが人気なことは、やはり家賃をリーズナブルにも抑えることができるということでしょう。都会で暮らしていくには、どうしても家賃が高くなってしまうことは避けられません。しかし、必要だかこそ都会て暮らさなければならない人もいるはずです。
就職で都会に住む人。
大学に進学して都会に住む人。
それぞれの理由があることでしょう。
そのようなニーズに応えるのが、シェアハウスかもしれません。
一つの家を数人で共有しながら暮らしていくこと。
お互いのプライバシーを守りつつ、暮らすことができれば、家賃はおそらく地方で暮らしていける位の水準で行けるのではないでしょうか。
家賃が地方の2倍する都会でも、複数で住めるのであれば田舎暮らしの負担で何とかやっていける可能性があります。
だからこそ、共同で暮らすことの必要性が高まっているのです。

シェアハウスの利便性

東京、大阪、名古屋などの大都市圏で伸びているシェアハウス。
東京であれば、それなりの理解はできるのですが、名古屋や大阪でも本当に必要なのでしょうか。
都会と言っても、東京ほどに家賃は高くはないはずと思われます。
そこには、大きな地域特性があるかもしれません。
特に名古屋にフォーカスを当ててみると見えてくるものがあります。
この地域は、大学が多く大企業の工場もたくさん存在します。
そうなると自然には人が地方から集まってくるでしょう。
それだけに住宅事情も難しくなってきます。
できるだけ安価な賃貸物件に住みたいということを考えるのは、誰もが考えることです。
反面、ある程度の快適性も必要になってきます。
そうなると、それなりの家賃になる物件が対象になってきますが、この時点でシェアハウスが選択肢に出てくるのかもしれません。
また、はじめての都会暮らしに不安を覚える人もあるでしょう。
一定のプライバシーを維持しつつも、孤独にはなりたくないという願望を叶えるなら、共同で住める家を探すことになってきます。
人は他人に干渉されたくないと思う一方で、孤独にはなりたくないという弱さも持っています。
どこか心の隙間を埋めてくれる癒やしの空間が欲しいとも思っています。
このような相反する思いを実現してくれるのが、シェアハウスかもしれません。